TEACHER

講師紹介

♯いいとこいっぱい大学編入。

『大学編入』『資格取得』
サポートする強力な講師陣

  • 鈴木 千晴

    鈴木 千晴

    担当:外国語演習(心理)/教養入門/心理学研究指導/心理学実験/心理学専門演習/専門英書講読(社会)/論文基礎/心理学概論/心理学検定対策/専門英書講読(心理)

    奈良女子大学大学院人間文化研究科修了。博士(学術)。研究テーマは心理検査と、脳波、事象関連電位(event-related potential: ERP)に反映された認知特性の個人差。
    大学での学びには、ひとつの見方にとらわれない複眼的な思考が必要です。多様な考えを身につけて、自分の頭で調べ、考えることのできる大学生を目指しましょう。

  • 山口 孝行

    山口 孝行

    担当:教養入門/時事問題/論文演習/フランス語

    司法書士を経た後で大学に入学し、その後大学院に行きました。筑波大学大学院とパリ第三大学でフランス文学を学び、2015年に博士学位(文学)を取得しました。
    みなさんには、強く意識して自分の選択をしてほしいと思っています。ECC国際外語を選択したこと、大学編入を選択したことを、これからの人生の強みできるようにがんばってください。

  • 外木 央晃

    外木 央晃

    担当:外国語演習(法・政治・政策)/基礎ゼミナール/時事問題/論文基礎

    明治大学大学院法学研究科公法学専攻博士後期課程、明治大学法学部専任助手、明治大学法科大学院教育補助講師等を経て現職。日本刑法学会会員、比較法学会会員。これから活躍する社会人には、具体的な問題を発見し、高度な専門知識を活用して、それを主体的に解決する能力だけでなく、知的好奇心、独自性および国際社会への関心といった資質も必要とされます。 専任教員として、豊かな創造性を具備したハイエンドな未来の担い手の養成を目指し、その実現に寄与することは、次世代に後継者を送り出し、社会や地域の持続的発展にまで貢献することにつながると考えています。 かかる広い視野で個別的な目標を捉え、それを達成することが可能となるよう全力で支援します。

  • 河合 伸

    河合 伸

    担当:基礎ゼミナール/教養入門/経営学専門演習/会計学演習/経営学専門指導/経営学特殊講義

    普通のサラリーマンから大学院生を経て学校へ移ってきました。専門は,理系(物理)の学部 → IT企業の技術屋 → 経営学 と流れてきました。研究者としての専門分野は管理会計論・製品開発論です。
    学生のみなさんには,ご自身の可能性を信じて努力を継続することを期待しています。そのための支援は惜しみません。The sky is the limit!

  • 安藤先生

    安藤先生

    担当コース:大学編入コース

    ECC国際外語で過ごす時間が、「かけがえのない一瞬」になりますように!
    大阪生まれの大阪育ち、Native Osakanです。使用言語は大阪弁に限られます。 皆さんがECC国際外語専門学校で過ごすのは、長い人生の中では「ごく一瞬」にしか過ぎないかもしれません。でも、それが皆さんの長い人生の中の「かけがえのない一瞬」になることを期待しています!そのためのお手伝いが出来たらサイコーです。
    関西大学大学院社会学研究科博士課程後期課程単位取得。関西大学社会学部他、大学・短大・専門学校等の非常勤講師やシンクタンクの研究員を経験してきました。専門は社会調査論・社会統計学。大学では、社会学や統計学、パソコンの基礎なんかを教えてました。
    趣味はサッカー観戦(セレッソ大阪の試合を年間10試合ぐらい見に行きます)。自分でも40歳を過ぎてからプレイするようになりました。

  • 仲村先生

    仲村先生

    担当コース:大学編入コース
    担当科目:Fundamental English/基礎ゼミナール/教養入門/政治学・政策学研究指導/政治学・政策学専門演習

    勉強は楽しい!語学も楽しい!語学力と専門力の両方を兼ね備えたとき、自分の人生が想像もしていなかった未知の世界に広がっていくすばらしさを皆様にもぜひ体験してもらいたいです。The world is your oyster!
    政治学修士。明治大学大学院教養デザイン研究科博士後期課程単位取得退学。モントリオール大学へ交換留学した他、フランス政府給費留学生としてパリ社会科学高等研究院に在籍した留学経験あり。パリ第6大学、神田外語大学などで非常勤講師を経たのち、在カナダ日本大使館専門調査員にてカナダ政治を分析する仕事や、株式会社JTB霞が関事業部(派遣先)において外務省の国際交流事業の実施運営に携わってきました。
    研究テーマはカナダのフランス語圏ケベックにおけるナショナリズムと多文化主義の関係について。カナダについて熱く語る姿からカナダオタクと呼ばれる。
    私は勉強が大好きです。でも昔は好きではありませんでした。英語も昔は苦手でしたが、今は英語とフランス語の二言語を使って仕事ができるレベルになりました。

  • 寺澤 舞晞

    寺澤 舞晞

    産能短大・大学の併修のECCでの取りまとめをします。主に併修生の方々と関わることになります。二つの学校を併修するのは大変とは思いますが、できる限り力になれるよう頑張ります。3号館の1階にいますのでよろしくお願いします!
    IT企業のプログラマ・SE、一般企業の業務管理職を経て、 今年2月まではECCコンピュータ専門学校で17年間講師をつとめ、 今春より国際外語専門学校で産能短大の併修を担当いたします。
    二つの学校を併修するのは大変とは思いますが、できる限り力になれるよう頑張ります!

  • 山川 傑三

    山川 傑三

    ・㈱ECCで予備校の立上げに参画
    ・予備校の現場でクラス担任(チューター)から学校長まで27年間勤務
    ・本部で教務課、人事課、品質管理課を経て2017年5月に学校法人山口学園に異動

    ECC国際外語専門学校は唯一無二の学校です。ここでしかできない経験をこの2年間で目一杯楽しんで夢を叶えてください。我々はそんなみなさんを目一杯サポートいたします!!

  • 深石 葉子

    深石 葉子

    立命館大学法学部卒。神戸学院大学法科大学院修了(法務博士)。産経新聞社会部・京都支局の記者として、夜討ち朝駆けの20代を送る。教育、子どもの人権、医療問題、行政を担当。出産退社後、フリーライター、編集者として記事執筆、雑誌編集に携わる。研究テーマはワーク・ライフ・バランス、NIE(教育に新聞を)など。

    「上手でなくていいので、書くことが好きになってほしい。きっと好きになれる。」という思いを胸に教鞭を執り、『文章を書くのが好きになりました!』という笑顔の報告に元気をもらっている。

資料請求資料請求

説明会説明会