ホーム > 新着情報 > 〔合格者インタビュー〕関西大学

〔合格者インタビュー〕関西大学

2019年2月8日 大学編入

関西大学社会学部心理学専攻に合格した、小山さん。

小山さんと、担任の鈴木先生(左)。

 

➀今日はよろしくお願いします。大学編入学試験が終わっての感想を聞かせて下さい。合格発表を見た時は、どうでしたか?

 

もともと関西大学は現役の時に行きたかった大学で、そこに入れたという喜びがありました。でも、編入でうかるかなぁと心配があって、合格したときは「よっしゃあ」ってなりました(笑)。

 

➁試験の手ごたえはどうでしたか?

 

やっぱり編入試験っていうのは、自分がいま、どのぐらいの位置にいるのかがわからなくて、模試とかもなくて、これだけやったらうかるだろうという指標がなくて不安でした。 正直、手ごたえはないけど、これだけ勉強したから合格しているといいなぁと思うところもありました。

 

➂ここまでの道のりの中で、くじけそうになった時はありましたか?

 

ありました。最初に受けた編入学試験で落ちてしまったことです。一緒に受験していた周囲の人たちがノートなどをしっかりと作って準備に余念がない感じで試験にのぞんでいたのを見て焦りました。

 

④そういった状況から盛り返したきっかけ、転機はありましたか?

 

最初の編入試験で失敗したことが、逆に頑張れる力になりました。あとはその試験が早い時期にあったので、面接試験の練習をたくさんできたのはよかったです。それで、自信をつけていけたと思います。

 

⑤担任の鈴木先生はどんな先生ですか?

 

ユーモアがあって、面白い先生です(笑)。自分のわからない問題は、全て見てもらいました。それに、すごい優しくて、わかりやすかったです。志望理由書も細部までチェックしてもらえて感謝しています。

 

⑥ECC国際外語でこれは良かったなあと思う点はありますか?

 

英語はECC国際外語入学前よりできるようになりました。あとは、1回生前期で自分の専攻を真剣に考えることができる機会があったのは良かったです。ECC国際外語に入学する前までは、大学で何を学びたいというのは明確ではなかったので(笑)。

 

⑦編入学試験を受験してみて、どうでしたか?

 

現役時は多くの科目を勉強する必要があって、あまり自分には向いていなかったのかなぁと思いました。逆に、編入試験では専門科目と英語で受験できるので、私には向いていたと思います。

 

⑧大学生活や将来に向けての目標はありますか?

 

大学生活で他の人たちについていけるのかは不安ですが、2年次編入なので、時間をかけてしっかりと勉強していけたらと思います。そのなかで自分の将来の夢をみつけていきたいです。

 

⑨最後に後輩へ、メッセージをお願いします。

 

自分が大学に入って何をしたいのかという研究計画は早めの段階で、しっかりと固めておくべきだと思います。そうじゃないと編入試験を受ける段階まではいけないと思うので。面倒でも、悩んで、ちゃんと準備するのは大事だと本当に思いました。

 

 

☆★*・・・…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.    大学編入に興味のある受験生・浪人生の方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・・*☆★
「浪人は絶対にしたくない!」、「第一志望の大学をあきらめたくない!」
そんな方は、ぜひ、大学編入説明会で大学編入の「?」を解消してください。
大学編入説明会
資料請求
「大学編入制度」は大学に入学する別ルートです。
大学編入制度のことをもっと詳しく知りたい方は、大学編入スペシャルサイトをご覧ください。