ホーム > 新着情報 > 〔合格者インタビュー〕近畿大学

〔合格者インタビュー〕近畿大学

2019年2月26日 大学編入

近畿大学法学部に合格した、T・Mさん。

①今日はよろしくお願いします。大学編入学試験が終わっての感想を聞かせて下さい。合格発表を見た時は、どうでしたか?

T・Mさん:ホッとしました。家族は「良かったね」と言ってくれました。

 

②試験の手ごたえはどうでしたか?

T・Mさん:合格した大学の法学の問題は最初が用語解説で、事前に自分なりにまとめていたのですが、少しつまずきました。ですが、後半の論述で巻き返すことができました。これまでに勉強したことの応用ができたのがよかったです。英語は無難にこなすことができました。出来としては五分五分くらいでした。

 

③ここまでの道のりの中で、くじけそうになった時はありましたか?

T・Mさん:試験と試験の間隔が短かったので、くじけている暇はありませんでした。ただし、合格した大学の問題が年々難しくなっていたので、不安がありました。

 

④そういった状況からどうやって盛り返しましたか?

T・Mさん:ひたすら祈りました(笑)

 

⑤担任の先生はどんな先生ですか。

T・Mさん:法学専攻の深石先生には面談の対策や、志望理由書・論文の添削をしていただきました。大変お世話になりました。

 

⑥ECC国際外語でこれは良かったなあと思う点はありますか?

 T・Mさん:専門の授業が良かったです。先生方が作ってくれたレジュメや用語集がとてもわかりやすかったです。また、ECC国際外語では1年生の前期にいろんな専攻について学び、それから専攻を選択するのですが、何を勉強したいのか決めかねていたので、そのような選択の機会があったのも良かったです。あと、法学専攻に属していましたが、専攻内の雰囲気も落ち着いていて良かったです。

 

⑦編入学試験を受験してみて、どうでしたか?

T・Mさん:理系科目が苦手だったこともあり、浪人だと最後までモチベーションを保てていたかは微妙です。結果的にECC国際外語の大学編入コースを選んで良かったです。

 

⑧大学生活や将来に向けての目標はありますか?

T・Mさん:公務員になりたいと思っています。最近は砂漠の緑化とか、都市開発とかに興味が出てきまして、そういう事業に関わることができればうれしいです。

 

⑨最後に後輩へ、メッセージをお願いします。

T・Mさん:1年生の間は専門よりも英語に集中するのが良いと思います。2年生で余裕を持って専門科目に取り組むことが出来るからです。ですが、専門の英語についてもおろそかにしてはいけないと思いました。

 

 

☆★*・・・…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.    大学編入に興味のある受験生・浪人生の方へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…・・・*☆★
「浪人は絶対にしたくない!」、「第一志望の大学をあきらめたくない!」
そんな方は、ぜひ、大学編入説明会で大学編入の「?」を解消してください。
大学編入説明会
資料請求
「大学編入制度」は大学に入学する別ルートです。
大学編入制度のことをもっと詳しく知りたい方は、大学編入スペシャルサイトをご覧ください。