資料請求

保護者の声保護者の声

ホーム > 保護者の声

夢を夢のままで終わらせない

保護者の方々からの
喜びの声をご紹介します。

夢を夢のままで終わらせない!実現に導いてくれた環境に感謝でいっぱいです。

熊本県立大津高等学校出身/和歌山大学(経済学部)、滋賀大学(経済学部)、関西大学(商学部)、同志社大学(商学部)合格
井野 圭輔さんのお母様より

高校3年生の時、担任の先生からは「絶対に無理です」と言われていたのですが、それでも目標大学一本に的を絞り、最後の最後まで受験し続けました。しかし、残念ながら結果は出ず、卒業式を迎えても進路は決まっていませんでした。予備校に行っても来年合格できる保証はないし学費もかなりかかるので、進路をどうするか悩んでいた時、郵送で届いたパンフレットで大学編入への道があることを知りました。そこで、親子で相談した結果、ECCにかけてみよう、という答えになりました。
入学前は「大学に落ちた」という不安と自信喪失で、本人ばかりでなく周囲も心配ばかりでした。でも、入学してからは、「とにかく英語力を上げる」という目標が出来、さらにECCの英語を使わないといけない環境も手伝って、少しずつ自信がついて来たのが分かりました。メンタル面でも意欲的にどんどん前へ進めるよう、先生方がサポートしてくださったことが、本人の成長の追い風になったようです。
東京の大学へ受験する際に、一人で東京まで行くと聞いたときは驚きました。行ったこともないのに大丈夫かと思いましたが、親が心配するより子どもは成長しているものなんですね。正直、はじめてパンフレットの掲載内容を見た時は、こんなに上手くいくのかと若干半信半疑なところがあったのですが、それが本当だったんだという気持ちが今の心境です。入学前の「国立なんて夢のまた夢」という状況から、「国立がすべり止め」に変わるなんて、本当に思っていもいなかったです。本人の頑張りが一番だと思いますが、それを実現に導いてくれた環境に、感謝の気持ちでいっぱいです。

これだけ努力している子は必ず合格します」先生の励ましの言葉が不安だった母娘の道標に

京都府立嵯峨野高等学校出身/大阪市立大学(文学部)、関西大学(社会学部)合格
Y.Nさんのお母様より

本人が英語が好きなことがECC国際外語に入学する一番の決め手となりました。また、主な受験科目が英語、小論文、面接と科目が絞られているので、じっくりと受験対策ができる事や、過去の合格実績や説明会での卒業生のしっかりした対応にも魅力を感じました。高校時代は同い年の友人ばかりでしたが、ECCでは、遠くから来て一人で生活している方や、年齢の違う方と一緒になって同じ目標に向かって勉強しますので、いろいろな刺激を受けたようです。
いよいよ受験シーズンとなり、遠方の大学に編入試験を受けに行く際には、心配になり試験に同行したこともありました。試験後に、娘が「一緒に来てくれて良かった」と言ってくれたことが印象深かったですし、何よりこれが母娘での初めての親子旅行となりました。
だから、合格したと分かった時は嬉しさと驚きでいっぱいでした。現役時代に悔しい思いをしたこともあり、結果を聞いてもすぐには信じられませんでした。「本当に番号あってるの?」と何度も確認したのを覚えています。
同じ志を持つ仲間と、毎夜、最終退出時までの居残り勉強に付き合っていただいたり、小論文や志望理由書の幾度にもわたる添削など、先生方には骨身をおしまず指導いただきありがとうございました。「これだけ努力している子は必ず合格します」と子供だけではなく、私にも励ましの言葉をいただいたことがとても嬉しかったです。 本当にお世話になりました。

勉強に対する意識がだんだんと強くなり、高校一年生の頃から変わらない第一志望校に合格!

東海大学付属仰星高等学校出身/法政大学(経営学部 市場経営学科)合格
K.Aさんのお母様より

私の手元にECC国際外語からのパンフレットが届いた時は、本当に運命のように感じました。高校一年生の頃から希望していた大学への気持ちが強く、関東に行きたいと願っていた娘の希望を何とか叶えさせたいと思っていましたが、本人は浪人はしたくないと考えているようでした。だから、ECC国際外語の大学編入コースは、これらの条件にぴったりと当てはまるので驚きました。予備校と違い、学校生活(イベントなど)が充実している上、英語力を付けることができるし、ジムにも通うことができる。まさに、その時の本人にぴったり合っていると直感しました。
入学後は、以前よりも学部選びを深く考える様になり、英語力が少しずつ身についていきました。だから、自信がついてきたのか、勉強に対する意欲も強くなっていくのが分かりました。
合格の知らせを聞いた時は、兼ねてから希望していた第一志望校だったので、本当に夢のように嬉しかったです。同時に、指導いただいた先生方にも感謝の気持ちでいっぱいになりました。ECC国際外語を選んで本当に良かったです。

ECC国際外語での勉強を通じて大学で何を学びたいのかを意識するように

三重県立名張西高等学校出身/大阪大学、大阪市立大学、金沢大学合格
中村 優花さんのお母様より

高校の先生から大丈夫と言われていた大学が、センター試験の失敗であきらめなければならない結果になりました。その後も他の大学を受験しましたが、同じく良い結果は出ませんでした。しかし、本人の大学へ行きたいという気持ちを尊重し、担任の先生からすすめられたECC国際外語の大学編入コースを選びました。入学説明会で大学編入のメリット、デメリットをきちんと説明いただき、合格者の皆さんの生の声を聞けた事も、入学を決める後押しとなりました。
入学前後で娘が変わったな、と思ったのは、志望する大学・学部が明確になった事です。高校時代は何となく入れる大学へ行きたい、というくらいの考えでしたが、ECC国際外語へ入学して色々と勉強する中で、大学で何を学びたいのかが自分の中ではっきりとしてきたようです。
自宅から学校までは片道2時間弱かかるので、最初は通い続けることが出来るか心配でした。でも、明確な目標が出来た事もあり、ほとんど欠席することもなく通い続けることができました。
学校で授業を真面目に受け、通学の時間を利用して勉強していたようですが、家では頑張っている姿を見せませんでした。だから、正直言いますと、合格の知らせを聞いた時はちょっと信じられませんでした。先生方の指導のおかげで英語、論文ともに入学当初より相当力がついたようですので実力はあると思っていましたが、やはり不安もありました。だから、ECC国際外語の担任の先生に勧めていただいた大学を受験して、本当に良かったと思います。ありがとうございました。

一人暮らしを始めた娘の成長ぶりに感激!正しく導いて下さった先生方に感謝しています。

福井県立若狭高等学校出身/名古屋大学(文学部)合格
田中 愛梨さんのお母様より

高校3年生の3学期、ECC国際外語の併願返金システムを利用して第一志望と第二志望で国立大学を受験しました。結果はダメでしたが、浪人しないで志望校を目指すというコースのポリシーに惹かれ、大学編入コースへの入学を決めました。これからは国際社会に向けて英語がますます必要になるという思いがあったのも理由の一つです。また、パンフレットを取り寄せると、1年目は体育祭など楽しそうな行事もあり、大阪の交通の便の良いところにあるのも魅力的でした。
入学後、一人暮らしを始めてからは、親に感謝するようになりました。大学進学こそ叶いませんでしたが、その悔しさをバネにし、同じ思いの仲間やいろんな人との出会いを通じて、娘はものすごく成長したと思います。だからこそ、合格の知らせを聞いた時は、とても嬉しかったです。本当に一人で大阪で頑張っていたんだな、と思うと同時に、影で娘を正しく導いて下さった先生たちの指導のおかげであると思い、大学編入コースに入れて本当に良かったと実感しました。
子供は親の見えない力で育ちます。また、子供は親には見えない力を発揮します。そう信じて、大学編入コースの先生方に娘を任せて正解でした。先生方は、本当に一人ひとりに丁寧に指導してくださいますし、自分が求めた分だけ、又はそれ以上に答えとして返して下さいます。
ECC国際外語に通わせていただき、本当に感謝しております。ありがとうございました。

大学編入コースの満足度は100点満点!人間的にも成長したように思います

大学編入コース1年/私立追手門学院高等学校出身
堀 礼乃さんのお父様より

ECC国際外語入学前は、高校時代の友人のほとんどが大学に進学するなか、娘が大学編入コースで勉強することへの不安がありました。しかし、英語を中心に社会学・法学・人文学・パソコン・簿記など、すぐに役立つことが2年間で勉強でき、無駄がないと思いました。少人数制で保護者との個人面談もあり、心配していた学習面での不安もなくなりました。本当に学びたい人が集まってきているので良い刺激になっているようで、本人もよく勉強しています。
大学編入コースの満足度は100点満点ですね。毎日本当に明るく楽しく学校へ行く姿を見るたびに、ECC国際外語にして本当に良かったと思います。大学編入の勉強以外にも、姉妹校のECCコンピュータ専門学校やECCアーティスト専門学校との3校合同の授業やスポーツ大会を通して、幅広い年齢層や違う分野の方達と知り合うことができ、視野も広がり得るものも多いようです。
英語が苦手な娘ですが、クラス別授業のおかげで無理なく学習でき、英検・TOEIC対策に頑張っています。最近では社会学にも興味を持つようになり、テレビのニュースや新聞の社説について家族で話をする機会も増えました。「有名だから」「ただなんとなく」という気持ちで大学を選ばず、ECC国際外語で学ぶことで充実した学生生活を送れていることに感謝しております。ありがとうございます。

将来につながる魅力的なカリキュラムばかり!有意義な学生生活を送っています

大学編入コース 1年/大阪府立北千里高校出身
S.Kさんのお母様より

希望の大学には残念ながら不合格。浪人をさせられない状況だったので、就職かレベルを下げた大学を受けさせるか悩んでいたときに、ECC国際外語からのダイレクトメールで大学編入コースがあることを知りました。早速、娘と説明会に参加したところ、娘自身が「大学よりも行きたい!」と言い出すほど、魅力的なカリキュラムであることがわかりました。 実際に入学してからは、高校時代に目指していた大学よりも上のレベルをねらえると知り、勉強を頑張っているようです。英語が好きな娘にとって、ECC国際外語の授業はとても楽しいらしく、元気に学校へ通っています。また、いろんな年齢の人たちとも知り合うことができ、一緒に学べることをとても喜んでいました。浪人していれば味わえなかっただろう充実した学校生活を送っています。
最初は「専門学校でいいの?」という先入観がありました。ですが、就職活動では必須になってきている英語もしっかり学べるのが大学編入コース。先生方も熱心に教えてくださいますし、いろんな学部のことをもっと知ってから、今後の進路を考えることができます。少し遠回りしているようにも見えますが、本人にとっては無駄のない、将来につながる有意義な2年間になりそうです。
大学受験に失敗しても、浪人だけが大学に行ける手段ではありません。将来を考える選択肢の一つとして、大学編入コースがあることをいろんな方に知って欲しいと思いました。

毎日楽しそうに学校に通う娘の姿に夢をあきらめないで良かったと実感!

大学編入コース1年/大阪府立箕面高校出身
M.Mさんのお母様より

たとえ大学受験に失敗しても、自分の夢をあきらめないで頑張りたいなら、ECC国際外語の大学編入コースは経済的にも本人の精神的にも良かったと思います。 特に、同じ目的を持った年齢の違う友達や、外国人の方との国際交流によって視野が広がったことは、とても良いことだと思いました。
学生生活はとても充実している様子で、「とにかく毎日が楽しい、クラスのみんなが大好き。クラス以外でも選択授業で交流ができる!」と喜んでいます。娘が素晴らしい学校生活を送ることができ、親としては大変嬉しく思っています。

予備校ではないことに不安はありましたが今ではECC国際外語で良かったと思っています

大阪府立刀根山高等学校出身/関西大学(総合情報学部)合格
笠江 亮太さんのお母様より

希望大学に行きたいけれど、浪人することには抵抗がある。そんな息子が選んだのが、ECC国際外語専門学校の大学編入コースでした。
私自身は編入制度のことをあまり知りませんでしたから、最初は予備校に行くように勧めていたんです。何度も話し合った結果、不本意ながら息子の意志を尊重することに…。しかし今では私もECC国際外語で良かったと思っています。少人数クラスできめ細かな指導をしていただいた結果、成績はぐんぐん上昇。何よりもやる気を起こさせてくれたことに感謝しています。
自分のやりたいことを2年間かけて考えながら勉強し、関西大学総合情報学部に合格。努力をすれば夢が叶うことを息子から教わりました。