資料請求

大学編入大学編入に強い理由

ホーム > 大学編入について

ほとんどの大学で必須受験科目となる英語を合格水準まで確実にスキルアップ。だから、ECC国際外語生は編入に強い。

大学受験に失敗しても大学編入という道もあります。専門学校から大学への編入が可能です。「浪人したくない!」「志望校のレベルは下げたくない!」「予備校での勉強に自信がない!」そんな思いを叶えるのがECC国際外語専門学校の大学編入コースです。 予備校に通って浪人するより時間と学費に無駄なく「専門学校+大学」の最短4年で大卒。私立大学はもちろん国公立大学も「センター試験不要」です。大学編入制度の入試科目は「英語」「専門科目・小論文」「面接」が主流。そのため、一般試験より的を絞った勉強ができるので、少ない負担で現役時よりランクの高い大学を目指せます。 ほとんどの大学で必須受験科目となる英語を合格水準まで確実にスキルアップ。だから、ECC国際外語生は編入に強い。 大学編入制度の詳細は大学編入についてをご覧ください

ECCの英語力

大学編入に強い理由

英語に強くなる教育メソッドがある。

だから、ECC国際外語は英語に強い!!

TOEICスコアの提出を求めている大学(一例)

大阪大学(外国語)・神戸大学(法・経営)・名古屋大学(経済)
金沢大学(人間社会学域)・奈良女子大(文)・和歌山大学(経済)
滋賀大学(経済)・早稲田大学(商)・関西大学(商・法)・上智大学 など

TOEICスコアがこんなにアップ!

氏名 入学前→卒業時 合格大学
SAさん
【大阪府】早稲田摂陵高校出身
330点 → 800点 滋賀大学(経済)
H.N さん
【島根県】出雲北陵高校出身
390点 → 780点 関西学院大学(総合政策)
K.F さん
【大阪府】柴島高校出身
315点 → 715点 同志社大学(商)
H.G さん
【愛媛県】松山南高校出身
570点 → 830点 同志社大学(文)
A.N さん
【奈良県】奈良学園高校出身
290点 → 720点 滋賀大学(経済)
Y.T さん
【大阪府】箕面自由学園高校出身
430点 → 735点 高知県立大学(文化)

※2016年3月卒業生

大学編入に強い理由

本当に学びたい学問(=学部)が見つかる! 学べる!

本気で興味を持って学びたい分野が見つかる!

本気で興味を持って学びたい分野が見つかる!

志望学部がはっきり決まっていなくても大丈夫!

1年前期に文系学部(文・社会・心理・外国語・国際関係・法・政治・経済・経営・商)の基礎を学習した上で、最も興味の強い志望学部を決め、1年後期から1年間かけて志望学部の専門科目対策をじっくり行います。だから、学部の選択ミスがありません。

大学編入に強い理由

編入指導24年!膨大な過去問題データを活用した独自の対策授業があるから。

過去問題データを活用した対策授業

圧倒的な大学編入合格者を輩出できる。

●入試情報をいち早くキャッチ。だから傾向と対策は完璧

一般入試では赤本による受験対策ができますが、編入試験の過去問題は各自で入手しなければなりません。「ECC国際外語専門学校」では、全国の編入試験情報をいち早くキャッチ。各大学の編入学試験傾向を分析し、試験までの学習法を提供します。これは、長年大学編入コースを育て続けた「ECC国際外語専門学校」だからこそできるワザなのです。また、学生による受験後のアンケートや問題用紙提供により、西日本随一の豊富な過去問や編入試験データを蓄積しています。

大学編入に強い理由

基礎からしっかり指導。
小論文対策に自信あり。!

志望学部の専門試験は論述形式で出題される場合が多くあります。論理的な読解力と思考力を養うことを目標に、1年前期より文章の作法や表現方法を基礎から徹底的に学びます。1年前期での基礎を踏まえ、後期からは各学部の専門授業で修得した専門知識を駆使し、様々な文献やテーマ、実際の過去入試問題等を数多く読み解くことで更なるスキルアップを図ります。 講師による綿密な添削を通じて柔軟な発想力と日本語の表現力も高めることができるので、自信をもって試験に臨むことができます。

論文力と専門知識

大学編入に強い理由

講師陣がスゴイ!

講師陣がスゴい

受験テクニックだけじゃない。
現役大学講師から大学1〜2年の授業が受けられる。

編入試験に合格するためには、大学が求める知識(大学1〜2年で習得する内容)を有しているかが大きなカギとなります。「ECC国際外語専門学校」では大阪大学、神戸大学、大阪府立大学、甲南大学等(2016年度参考)、一流大学での教鞭経験がある講師が授業を担当し、大学が求める水準まで引き上げ、編入試験合格へ導きます。

大学編入に強い理由

着実に力がつく合格
必達スケジュール。

これらの対策で合格まで導いていきます

小さな目標を立て、確実にクリアする。この繰り返しで驚くほど実力がつく。

学生一人ひとりの理解度を確認しながら授業を進めていくので、確実に実力をつけることができます。また、一方通行に教え込まれるだけではなく、知識が吸収できたか確認するためのアウトプットにも重点を置き、小さな学習目標を立て、確実にクリアしていくことによってレベルアップを実感できます。さらに、要となる時期には必ず学内TOEICなどのテストがあるので、自分の実力を確認しながら無理なく学習スケジュールを立てることができます。

合格必達スケジュール 合格必達スケジュール
合格必達スケジュール

大学編入に強い理由

予備校にはない少人数クラスの効果。効率よく合格を目指す。

小さな目標を立て、確実にクリアする。この繰り返しで驚くほど実力がつく。

「ECC国際外語専門学校」は、1クラス30人まで※の少人数クラス制で、「国公立大」、「難関私大」、「中堅私大」、「外大」合格を目指します。講師は学生一人ひとりの弱点を確認しつつ、質問を取り入れながら授業を進めていくツーウェイ・コミュニケーションスタイルで、質問もしやすい環境です。 また、学部ごとに大学のゼミ形式の授業を行うことによって、より講師を身近に感じながら理解を深めることができます。 ※一部40人程度で行われる授業もあります。

大学編入に強い理由

合否の決め手となる面接対策も万全!

編入試験では、一般入試に比べると試験科目が少ないので、面接が重視される傾向があります。また、面接では志望理由書の記載に基づいて質問されるため、志望理由書の書き方と合わせての対策が必要。その上で、求められる志望動機、学習意欲、将来の目標などを明確に答えられるようにトレーニングします。

カリキュラム

1年前期 1年後期 2年前期 2年後期
実用英語 Listening&Speaking 英検/TOEIC対策 リスニング Listening&Speaking 英検/TOEIC対策 リスニング 実用英語 基礎英語 Listening&Speaking 英検/TOEIC対策 リスニング 実用英語 基礎英語 Listening&Speaking 英検/TOEIC対策 リスニング 実用英語 基礎英語
英文読解 英書講読 英文法 比較文化英書講読 専門英書講読 英作文 比較文化英書講読 専門英書講読 英作文 外国語演習 比較文化英書講読 専門英書講読 英作文 外国語演習
論文対策 論文基礎 論文演習 論文演習 論文演習
アカデミック スキル 基礎ゼミナール パソコン演習(Word) パソコン演習(Excel) 学部別専門演習(ゼミナール) 学部別専門演習(ゼミナール) 学部別専門演習(ゼミナール)
国際文化学 人文学
社会学
心理学
法学
政治学
国際関係学
経済学
経営学の入門授業
西洋近現代史
言語文化英書講読
国際関係論
国際教養英書講読
基礎マクロ経済学
基礎ミクロ経済学
経済数学
経営学入門
マーケティング入門
言語文化特殊講義
アメリカ外交史
英米文学講読演習
時事問題
人間行動学 人間行動学研究法
現代日本史
教育学入門
社会学概論
心理学概論
環境社会学
総合政策学
社会心理学
知覚心理学
データ解析演習
国際社会学
認知心理学
社会調査法
心理学演習
法学 憲法
法学概論
民事法入門
政治学
国際関係論
法哲学
国際政治学
刑事法入門
実定法特殊講義
現代社会と法
民事法特殊講義
刑法総論
比較政治学
経済・経営学 基礎マクロ経済学
基礎ミクロ経済学
経済数学
経営学入門
マーケティング入門
マクロ経済学
経済数学
マーケティング論
ミクロ経済学
経済学総論
経営学
マクロ経済学
経済数学
商学総論
ミクロ経済学
経営学
※過去実績。カリキュラムの教科名・内容などは、一部訂正・追加・変更される場合があります。また上記カリキュラムのほかに3校合同選択科目が受講できます。 ※上記科目を基本とし、志望分野ごとにカリキュラムを編成しています。

時間割例(経済学専攻/1年後期)

19:15〜10:45 TOEIC/英検対策 - TOEIC/英検対策 - TOEIC/英検対策
11:00〜12:30 - 専門英書講読 Listening&Speaking 比較文化英書講読 Listening&Speaking
12:30〜13:30  
13:30〜15:00 経営学入門 経済数学 論文演習 基礎ミクロ経済学 リスニング
15:15〜16:45 TOEIC/英検対策 経済学専門演習 論文演習 - 基礎マクロ経済学
17:00〜18:30 - - - - -